Page: 1/1   
ワカサギ受精卵と冬景色

小川原湖では今日からシジミ漁が再開、報道陣が大挙いた。

こちらは青森市で会議があり昼の仕事程々に車を走らせる、

それにしても真冬に逆戻り。

小川原湖道の駅で今日からしじみらーめんのお土産発売。

漁協は4月16日まで魚は産卵時期の為禁漁ですが

まだ生簀に蓄養があるので釣り堀は営業できそうです。

 

生簀から取り出してわかさぎの受精卵を顕微鏡で観察。

今後掲載していきますから興味あるかたはご覧ください。

 

| ebizou001 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
我が町の和牛
この時期になると町営の牧草畑に各農家の黒毛和牛が放牧され
餌となる牧草の刈取やら柵の管理などに農家の方々が出ています。
注文で昼飯の出前を持っていくので牛とのご対面です。
僕は文明開化の横浜、明治28年創業の横浜牛鍋荒井屋での修業時代が長かったので
牛の裁くのはお手の物だが生きているのは怖いね。
あの巨体で突っ込んできたらヤバイ。
最近熟成肉のことが取り上げられているが
修業時代はそれが当たり前でしたよ。
半丸を吊るして表面にカビが入り芳醇な香りが出るまで
寝かせていたものです。カビを削り取って正肉にしてから包丁で切る。
スライサー等ない時代です。47年前になりますか、歳がばれてしまいましたが、、、。
真空パックが出回ってから解体からすぐに正肉のブロックでの取引が多くなり、便利が
時間と肉のロスを優先して。
肉に関してはまたの機会に、、、。


 
| ebizou001 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode